CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
水素水について
0
    「水素水」がブームになっていますね。ペットボトル入りのものから、水素水を作る装置、さらにはサプリメントに至るまで、様々なものが出回っているようです。
    ブームのきっかけとなったのは、2007年、日本医科大学の太田教授が、水素を溶け込ませた水に活性酸素を除去する作用があることをアメリカの科学雑誌に発表し、新聞やテレビなどに広く取り上げられことにあるようです。その後、芸能人が愛用していることも話題となり、ブームに拍車がかかったのでしょう
     ただし、「水素水」というものはけっして真新しいものではなく、実は、以前から普及していた電気分解を応用した整水器から作られる「アルカリイオン水」と同じものなのです。
    では、水素水のどのような作用が健康に良いと言われているのでしょうか。水素水は別名「還元水」といわれるように、そこに溶け込んでいる水素分子や原子状水素には「抗酸化」=「身体のサビを抑制」する作用があると考えられています。身体のサビは、活性酸素によりDNAが傷つけることであり、老化や多くの病気を引き起こす大きな要因となっています。その活性酸素を還元、除去することにより、老化現象やそれに伴う様々な生活習慣病の予防や改善に効果があるとされているのです。
    古来、フランスのルルドの泉をはじめ、飲むだけで病気が治るとして多くの人が訪れる、いわゆる「奇跡の水」と言われるものにも、多くの水素が含まれていることが判ってきました。
    医学界においても、水素を治療の補助として使用する医療機関が徐々に増えてきており、様々な臨床例の発表も行われています。
    ただし、現在のところ、何故水素水が健康によいのか全てが解明されたわけではなく、
    水素だけで病気が治る等の過度の期待は禁物です。また、水素を謳った市販の商品の中には、ブームに便乗した粗悪なものもあるので注意が必要です。
     水素水も所詮は水であり、過度な水分補給は胃腸や腎臓に負担をかけ、東洋医学でいう「水毒症」の原因となり、様々なアレルギーや神経痛、冷え、疲労体質、肥満等の要因となります。「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
     
    | 水素水 | 11:45 | - | - | pookmark |
    男性の冷え性
    0

       Q:50歳を過ぎたあたりから手足が冷えやすくなり、なかなか温まりません。男性が「冷え性」になることもあるのでしょうか。時期を同じくして精力も減退してきたようです。

      A:「冷え性」といえば女性特有のものというイメージが強いですが、最近は男性にも「冷え性」の方が増えています。
      男性は女性に比べて身体の構造や生活習慣(筋肉の量や服装等)から比較的「冷え性」になりづらいと言えるのですが、50歳を過ぎたあたりから、加齢による筋肉量の減少に加えて、仕事上の責任ある立場でのプレッシャーが自律神経の乱れを招き、それがきっかけとなって「冷え性」を発症する場合があるようです。
      また、パソコンやインターネットの普及により、男性でも一定の姿勢で長時間イスに座りっぱなしで仕事をする場面が多くなり、それが腰のうっ血と血行不良を引き起こすことも「冷え性」増加の一因でしょう。
      特に男性の「冷え性」は東洋医学でいう「腎」の働きを阻害するため、性欲減退・ED・脱毛・腰痛・意欲減退・物忘れ等の症状を併発することも多く、早めの対策が必要です。

      「ツボ」

      行間(こうかん):足の親指と人差し指の間、足の甲寄り。

      太谿(たいけい):内くるぶしとアキレス腱の中点。

      足の親指先端部:足の親指の爪の先端中央から、約2mm前方。

        

      どのツボも少し強めに指圧してください。インスタント灸をすえるのも効果的。性欲減退やEDがある場合は、特に親指先端を充分に刺激してください。

      「背中こすり」
      背中から腰、おしりまで、手の平で上下にこすって下さい。
      手のぬくもりを腰に浸透させるような気持ちで、なるべく上下に大きく動かすのがコツです。

      腰痛の方は特に念入りに。

      仕事等で一定の姿勢を続けた際には、時々腰を左右に廻して、腰のうっ血を解消するようにしましょう。
      また、運動をすることも重要ですが、その時間の取れない方は、普段の生活の中で爪先立ちや爪先歩きを励行し、ふくらはぎの筋肉を鍛えるようにしましょう。
      さらに、寝る前に足の裏を合わせてあぐら状態で座り、内股全体をよく揉みほぐすことも続けてみてください。

      | 冷え性 | 19:46 | - | - | pookmark |
      冷え性
      0

        「冷え性」の方にとっては、とても辛い季節がやってまいりましたね。

        風呂で温まっても、寝る時には手足が冷えて、なかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか。

        「冷え性」対策用の下着や靴下をはじめ、様々な対策グッズも市販されており、最近では冷え性対策コーナーを設ける店舗も出てくるほど、「冷え性」で悩んでいる方は多いようです。

         

         

        なぜ「冷え性」になるのか、その原因は様々で、運動不足、食生活の乱れ(生もの・白砂糖・水分の摂りすぎ)、衣服(スカート・身体を締め付ける矯正下着等)、夏季の冷房の過度の使用等、生活習慣が大きく影響していることは否めません。

        最近ではストレス等による自律神経の乱れも要因のひとつだといわれています。 

        東洋医学的には、気虚(ききょ:エネルギー不足)、血瘀(けつお:血の流れが悪い、いわゆるドロドロ血)が複合的に絡み合い、手足の末梢血管が血流不足になった状態であると判断します。

        生活習慣の改善とともに、次の方法を根気よく続けてください。

         

         

        「ツボ」


         
        気海(きかい):ヘソから指2本分下。その名の通り、気(エネルギー)の流れに関連の深いツボ。

         

         血海(けっかい):膝の内側の上角から、親指2本分上。押すと少し痛みがある所。その名の通り、血の流れに関連の深いツボ。

          

        次髎(じりょう):お尻の中央上部の逆三角形の骨の真ん中から、左右2センチくらい離れたくぼみ。

         

         三陰交(さんいんこう):内くるぶしの真ん中から、指4本分上、骨のすぐ後ろ際。

         

         

        どのツボも、軽く押しまわすように、指圧してください。

        手足が冷えて困っている時には、手足そのものを温めるよりも、「気海」や「次髎」の辺りを使い捨てカイロや湯たんぽで 温めるほうが効果的です。

         

         

        「大根風呂」

         大根の葉っぱを乾かし、細かく刻んだものをガーゼ状の袋に入れて、湯船に浮かべてみてください。身体の芯から温まり、湯冷めしにくくなります。

         

         

        「食事について」

          夏あるいは南国で採れる作物は身体を冷やし、冬あるいは北国で採れる作物は身体を温めます。
        ところが現代はスーパーに行けば、産地・季節に関係なく、年中なんでも食材として手に入れることができます。

        季節感・土地柄のない食事が「冷え性」のひとつの原因になっていることは否めません。

        ですから、「冷え性」の方は特に自分が住んでいる土地で採れる、旬の食材を召し上がるようにして下さい。

        この重要さを、昔から「身土不二」という言葉で言い表してきたのです。

        最近よく耳にする地産・地消も健康のためのひとつのキーワードと云えるでしょう

        | 冷え性 | 19:22 | - | - | pookmark |
        若さを保つ
        0
           いつまでも若くありたい、年齢よりも若く見られたいというのは誰もが抱く願望でしょう。それも見かけだけではなく、中身もいつまでも若々しく元気を保てれば、こんな素晴らしいことはありません。

          ご存知のように日本は世界一の長寿国ですが、ただ長生きすれば良いというのではなく、それこそ死ぬまで健康で自分の意志で生活できることが、最高の幸せといえるのではないでしょうか。高齢化社会を迎え、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を高める」という福祉の理念を達成するキーワードもそこにあるように思います。

          そこで今回は若さを保つのに役立つ簡単な方法をご紹介いたしましょう。



          肝臓を強くする

          「肝心(腎)かなめ」という言葉がよく使われますが、これは、「肝」と「腎」が人が生きていく上で最も重要であることからきた言葉なのです。つまりこれらを強くすることが、生命エネルギーを高め、若さを保つ秘訣でもあるのです。


          [沼の裏を合わせてアグラをかき、「太けい」のツボ(内くるぶしのすぐ後ろ)を指圧する。
            ゆっくりと3回指圧した後、


          腰に両方の手の平を当て、上下に30秒ほどこすってください。


          次に仰向けになり(足はそのまま)、右の肋骨辺りを右の手の平で30秒ほどこすってください。ここで大事なことは、カカトは股間になるべく近づけて、足も出来るだけ開いて足の内側を十分に伸ばすことです。

          ホルモンの分泌を整える

          のどの辺りには、甲状腺・副甲状腺などの大事な内分泌腺があります。また、年齢と言うのは、首筋に現れやすく、ここを刺激することにより、ホルモンのバランスを整えるとともに外見的にも首筋を美しく保つことによって若々しく見えるのです。

          首筋を十分に伸ばすように顔を上に向けて、人差し指と中指の間で耳をはさむように手の平を側頭部に当て、そのまま首筋に沿ってのど仏の辺りまで、こすりおろします。これを左右共30秒ほど行ってください。











          | 若さを保つ | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          高血圧を下げるのはこのツボ
          0
             高血圧とは、最大血圧が160弌Hg以上、最小血圧が95弌Hg以上の場合をいいます。これから寒くなるこの時期は、血圧が上がりやすく、風呂やトイレで脳卒中や心臓発作などの合併症による事故が起こりやすいので、注意が必要です。

             高血圧には腎臓や心臓に何らかの問題があって引き起こされる「二次性高血圧」と、原因のはっきりしない「本能性高血圧」があります。日本人の高血圧の約9割がこの「本能性高血圧」で、ストレスや運動不足・食習慣の問題などが大きく関わっているといわれています。「二次性高血圧」についてはまずその原因となっている疾患を治療することが先決で、「本能性高血圧」については、ストレスの解消や生活習慣の改善などが重要になります。そこで今回はそれらを踏まえたうえで、日常に出来る簡単な方法をご紹介しましょう。

            湧泉(ゆうせん)
            土踏まずの少し前のくぼみ。
            名前の通り「押すと命の泉湧く」という言葉で有名な、とても効果的なツボです。
            親指で少し強めにゆっくり5秒間押してから力をゆるめます。
            その後、足の指を親指から小指まで、上下左右に手指で挟むようにして充分に揉みほぐしてください。
            両足とも1日5分を目安に、就寝前に行うと良いでしょう。
            湧泉

            神門(しんもん)
            手首のしわの小指側の端。
            この「神」の字は「精神」の「神」を表しており、精神を落ち着かせるのにとても有効なツボです。
            親指と人差し指で吐く息に合わせて軽くつまみ上げ、息を吐ききったら力を緩めます。
            ストレスを息と共に全部吐き出すような気持ちで、ゆったりとした呼吸に合わせて行うのがコツです。
            イライラ、カッカして血圧が上がりそうだな、と思った時に行ってみてください。

                                                
            柿の葉を乾燥させたお茶もお勧めいたします。動脈硬化の予防の効果もあり、日常のお茶として常用すると良いでしょう。
            最後に呼吸とはその字の通り、吐くのが先で、吸うのは後です。
            お腹の中に溜め込んだ悪い気を全部吐ききってしまえば、空気は自然に鼻から必要なだけ入ってきます。これが正しい呼吸であり、血も同様で食べ過ぎや不摂生によりドロドロ血として体内に詰まってしまい、血圧の上昇などの不調の原因になるのです。
            全てにおいて「自分のもの」と欲張らず、「足るを知ること」で、体内の「気」も「血」もスムーズに流れます。
            今の日本経済復活のカギもそこにあると思いませんか?

            | 高血圧 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            水虫を撃退
            0
               梅雨から夏にかけて高温多湿の時期になると、水虫で悩む方が増えてきます。これは、水虫の原因である白癬(はくせん)菌というカビがジメジメした環境が大好きで、この時期になると積極的に繁殖を始めるためだと言われています。
               特にサラリーマンやOLは一日中革靴で足を覆っているため、さらに悪循環を作っているといえるでしょう。ただし、同じ条件でも水虫にならない人もいるわけで、東洋医学的には水虫になる人は足の気・血・水の流れが悪いことが大きな原因だと思われます。ですから、水虫を治すには外用的な治療を行うとともに足の気・血・水の流れを改善することが重要なのです。現在、自覚症状のない方も予防のため、そしてご家族に水虫の方がおられる場合はぜひ積極的に行ってみてください。

              ●気血水の流れを改善する方法

              �足の指を親指から小指まで充分にもむ。
              次に各指の側面の爪の生え際あたりを親指と人差し指で挟むように持ち、クリクリとひねるように刺激する。
              �足裏全体を指側からかかと側に向かって充分に指圧をする。
              �足の甲も指側から足首側に向かって指圧する。特に足首の周囲は念入りに行う。


              ●ツボ刺激
              ◆水分  へそから親指幅分上
                    親指と人差し指でつまむように刺激する。
                    インスタント灸も効果的です。


              ◆承山(しょうざん) ふくらはぎの筋肉の境目
                           親指でゆっくりと押し込むように指圧する。


              風呂上りに米酢を入れたお湯にしばらく足を浸しておくのもとても良い方法です。その後、ドクダミの絞り汁を塗っておけば、さらに効果的でしょう。

                 


              | 水虫撃退 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              | 1/1PAGES |